夏期生活学校三日目 農業の素晴らしさについてのお話

最終日のお話は愛農生人気No.1(たぶん)の卒業生、坂本耕太郎さんでした。耕太郎さんは広島で養豚をされています。

20543161_1900568840191662_1029139125_o

 

 

 

 

 

 

高校には行かないつもりだった、という耕太郎さんが愛農高校に進学し、「農業者たる前に人間たれ」「平和について考えるとエネルギーに辿り着く」という言葉に出会い、紛争のもとになる化石燃料を使わず、天ぷら油カー(乗用車のみならずトラクターもコンバインも!)を使い、薪で調理やお風呂を沸かし、豚の飼料も近隣で調達する自給自足生活に至るまでのあれこれ。面白くないはずがない。

 

 

 

自給的暮らしが世界の平和につながる、と思っていたけれど、自分の心も平和になった、と語る耕太郎さん。かっこいい大人になろう、魂の輝く生き方をしようと締めくくられました。そのかっこよさ、中学生の心にも届いたかな?

 

 

耕太郎さんの農場ライフについて知りたい方は桜の山農場のブログをご覧くださいね。

桜の山農場

[三宅]