歴史

スクリーンショット 2016-07-19 1.40.33

 

創立者 小谷純一

1910年(明治43年)3月21日生。京都帝国大学農学部卒業後、全国各地の農民道場の創設に参与し、肺結核に倒れ、医師からあと2ヶ月の生命と言われたが、玄米正食療法によって起死回生。大阪府立農学校教諭、和歌山県青年師範学校教授を歴任。敗戦と同時に教職を辞し、念願の百姓になり、水田90a・畑50aの自家経営をしながら、自宅を開放して愛農塾を開設。
これが発展して全国愛農会となり、三重県青山町に愛農根本道場(愛農高校の前身)が創立される。機関誌「愛農」、「聖霊」誌などを創刊。愛農短期大学講座、聖霊信仰大会、聖書研究短期大学、を開催。1964年から12年間、愛農学園農業高等学校初代校長をつとめたのち、同学園長に。2004年10月1日昇天。


小谷純一書籍

・『愛農救国の書』全国愛農会発行、1950年
・『愛農救人類の書』全国愛農会発行、1958年
・『小谷純一信仰著作集(上)』聖霊社発行、1997年
・『小谷純一信仰著作集(中)』聖霊社発行、1998年
・『小谷純一信仰著作集(下)』聖霊社発行、1999年


沿革

1945年 12月 和歌山市の小谷純一宅にて愛農塾(後の愛農会)開設
1954年 04月 現在地にて、男子中学卒業生のための全寮制2年間の愛農根本道場(長期)を開設
1958年 04月 愛農根本道場を愛農学園と改称し、高等部とする
1959年 04月 高等部を3年制とする
1963年 01月 愛農会総会において、私立愛農学園農業高等学校の設置が可決される
1963年 12月 高等学校として認可される
1964年 04月 開校式 第1期生入学
1967年 03月 本校第4学年が農業専攻科として認可される
1968年 04月 スイス東アジアミッションの招聘により、スイス農家実習生送り出し開始
1971年 04月 男女共学化
1972年 04月 愛農米十字バングラデシュ奉仕隊出発
1973年 12月 創立10周年
1974年 05月 ノルウェー伝道会の招聘により、ノルウェー農家実習生送り出し開始
1983年 12月 創立20周年
1988年 12月 「愛農の教育」研究発表大会を実施
1993年 12月 創立30周年記念式典
1994年 04月 農業専攻科を選択制へ移行
1997年 05月 韓国への修学旅行を開始
1998年 04月 文部省の特色教育モデル事業校の指定を受ける
1998年 06月 キリスト教学校教育同盟加入
2003年 04月 留学生受け入れ開始
2003年 09月 大講堂大改修(創立40周年記念事業)
2004年 10月 創立者・小谷純一昇天
2005年 04月 第6回明日への環境賞(朝日新聞社)受賞
2007年 04月 第5回日本環境経営大賞(三重県)受賞
2010年 03月 本館再生工事着工
2010年 03月 環境保全型農業コンクール・全国有機農業推進委員会会長賞受賞
2011年 10月 FOOD ACTION NIPPON AWARD 2011 大賞受賞!


FOOD ACTION NIPPON AWARD 2011 大賞受賞!

 
日本で唯一の私立の農業高校
 
 三重県伊賀市にある愛農学園農業高等学校は1963年、農業後継者の育成を目的に全国愛農会が設立した日本で唯一の私立の農業高校である。広大なキャンパスには、水田、野菜畑、果樹園、牛舎、養豚場、養鶏場、演習林などが付設され、実践教育の場となっている。生徒たちは全員、寮で共同生活をし、作物を育てる喜びや農業の厳しさを体験的に学ぶとともに、自分たちが育てたものを毎日食べることで、食べ物を大切にし、自然の恵みに感謝する心を育んでいる。同校は持続可能な農業の確立を教育の柱としており、牛、豚、鶏の糞尿は畑の堆肥として活用するなど、化学肥料や農薬を使わない循環型農業を実践している。
 同校の存在は全国に知られており、入学希望者も全国に及んでいる。特筆すべきは卒業生の就農率の高さで、これまで1,000人余りの卒業生を送り出しているが、そのうち45%がそれぞれの地元で農業の担い手となっている。過疎化・高齢化が著しい限界集落で農業に取り組む卒業生も多く、村づくりという観点からも同校の果たす役割は大きい。
「フード・アクション・ニッポン・アワード2011 紹介文書より」

くわしくはコチラ