農場紹介

愛農高校の農場紹介


愛農学園農業高等学校の農場は耕種(作物、野菜、果樹)、畜産(養鶏、養豚、酪農)の6部門に分かれています。田や畑、果樹園など総面積は約3ヘクタール、家畜の数は産卵鶏約2000羽、母豚約10頭、種雄豚約1頭による年間肥育豚は150頭ほど、乳牛は20頭ほどを飼育しています。

 

耕種部門では、農場に生きる多様な生態系を破壊することなく、持続可能な農業を目指し化学肥料や農薬を使用しない有機農業の実践を大切にしています。
畜産部門でも遺伝子組み換え作物や抗生物質等に頼らず、家畜のストレスを減らす飼育方法を模索、実践しています。農場に生きる家畜や野菜、お米、果樹はもちろん、虫や微生物までも含めた「いのちを大切にする農業」の実践の場が愛農高校の農場です。
生徒はそうした農場での実習を通して、農業技術を身につけると同時に、体力、精神力、豊かな感性を身につけていくのです。農場が産みだす豊かな農産物による校内自給率は7割に達しています。その安全で安心な食材は丁寧に加工、調理されて、私たちの食卓を豊かにするとともに、外部の方々にも販売しています。


農場長挨拶

農場による生産物はたべものの自給をベースにしています。しかし、生業としての農業とは販売また加工などを行うことです。従って農産物は学外の方々にも分かち合う(売る)ことも念頭に置いています。加工は農作物の保存のためだけではなく、付加価値をつけて、より利用(食べやすく)されやすくする側面もあります。その為にも、農業経営の視点は大切です。各部門で年間の予算(収入と支出の見通し)をたて、年度末にはその結果(決算)をまとめる作業も行います。そのことで確かな食生産の技術と経営の感覚を得て欲しいと思います。
そして、日々の歩みとして農場の生きものたちを観察する姿勢も大切です。生きものが色々と語りかけてくれるその声に耳を傾けようではありませんか。

 


① 果樹部

 

aino_mini_kaju

 

果樹部は全国的にも珍しい農薬・化学肥料を使わないブドウ栽培を中心にキウイ・梅・柚子など約80本の果樹を栽培しています。果樹の作業は1年間を通じて剪定や施肥・草刈など果樹のサイクルに合わせて毎日違います。特に加工品の生産ではキウイやブドウのジャムを中心にドライフルーツや新しい商品開発もどんどん行っています。また「いいもの」を「どう伝えるか」という販売・経営ノウハウについても積極的に学んでいます。

 


② 野菜部

 

aino_mini_yasai

 

無農薬・有機栽培を基本とし、自家採種を取り入れながら、播種、定植、栽培管理から収穫までを、年間50~60種類栽培しています。地域循環を重点におき、自然環境に配慮した、永続的な生産体制を確立するため、学校農場から排出される畜糞や植物残渣を利用し、有機質肥料による土壌改善と野菜自身の健康と生命力を生かした安全で美味しい野菜作りを目指しています。

 


③ 作物部

 

aino_mini_sakumotu

 

作物部では有機農法として、合鴨を飼いながら田んぼの除草を行い、種まきから約6ヶ月かけて収穫を行います。他にも大豆やトウモロコシ、小麦、ジャガイモやサツマイモ、きびや黒米など雑穀類も育てます。収穫した農産物は味噌作りやパン焼き、スイートポテトなどに加工をして、生徒、保護者、地域の方に味わっていただく機会もあります。主食づくりからお菓子づくりまで、自分の畑で育てるところから学べる部門です。


④ 酪農部

 

aino_mini_rakuno

 

酪農部では15頭ほどの搾乳牛と数頭の育成牛を飼育しています。品種はホルスタイン種という世界一大柄な牛です。朝晩2回の搾乳でおおよそ300㎏の乳が得られます。その大半は出荷されますが、食堂でも日々15㎏ほどが消費されます。牛の主食である草は、地元で生産される稲サイレージや牧草サイレージを中心に無投薬の自家配合飼料を与えています。牛の寝床で利用するおがくずは地元の製材所から頂き、それらは糞や尿とともに混じって発酵し堆肥となります。堆肥は学校の農場をはじめ、地域の方々の畑や田んぼで肥料として利用されます。

 


⑤ 養鶏部

 

aino_mini _yokei

 

一つ一つの餌を吟味するために「自家配合」しています。非遺伝子組み換えのトウモロコシや大豆粕を給与することはもちろん、地元の伊賀地域から飼料米や米ぬか、おからなどを確保するなど餌にこだわっています。採卵鶏の基本的な飼育方法や鶏の解体が学べます。また、より健康な飼い方として平飼い化を進めています。こうして生産された卵は、地元はもちろん大阪や名古屋の消費者にも好評を得ています。

 


⑥ 養豚部

 

aino_mini_buta

 

養豚部では母豚約10頭、雄豚約1頭による自然交配で(人工授精もあり)LWDの三元豚の生産、出荷をしていて、年間出荷は平均200頭ほど。一部は給食用に自家割をし、ハム・ベーコン・ソーセージの加工を行っています。また、餌は自家配合により非遺伝子組み換えのトウモロコシをメインに地元産の飼料米を加えていて、抗生物質やホルモン剤等は使用しません。豚舎はモミガラを使った踏み込み式の床で豚のストレスを減らす工夫を凝らしています。最近では「あいのうナチュラルポーク」の銘柄でネット販売もしています。


aino_map