2019年度専攻科入校式

今日は2019年度の専攻科入校式でした。

愛農で3年間を過ごした後、農家で1年間お世話になるこのプログラム。今年で52回目の専攻科入校式でした。1年間育った家族と全然違う家族の一員として、働き、子供の世話をし、ご飯を食べ、同じ風呂に入り、同じ屋根の下で寝る。価値観を共有しながらもそこには許容と拒絶と喜びと悲しみがあり、その中で大事な生きる原動力を見つける。いわば「生きること」を生きる1年間なんでしょう。

 

s-IMG_9680

 

農家がなぜ農家をいう生き方を選択したのか。これは一緒に暮らしてみないと話を聞いただけではわからない。人の人生をのぞかせてもらう機会はまたとありません。袖すり合うことも少なくなった世の中で、自己責任と自由をセットで社会に放り出される時代。不可分の人のつながりを10代で感じる。…いやぁ、うらやましいなぁ…。

[コンドウ]