satoyama推進コンソーシアム実践者交流会のパネラーとして参加します!

10月13日~14日で三重県志摩市で開催される『Japan Times Satoyama推進コンソーシアム実践者交流会2019』にパネラーとして参加します。最近愛農高校はいろんな角度から世の中に関わるチャンスを与えていただいています。とはいえ愛農高校が「小さくて頑丈な暮らし」を模索する日々に変わりはありません。農業と暮らすとはなんだろう。寮で暮らすとはなんだろう。学校で暮らすとはなんだろう。たくさんのいのちと生きるということはなんだろう。愛農にある暮らしが少しずつ世の中につながっていけば嬉しいです。一般参加も可能なようですので、ご関心ある方は是非お越しください。

下記HPからの引用です

Japan Times Satoyama推進コンソーシアム(代表:末松弥奈子、株式会社ジャパンタイムズ・ 代表取締役会長)は三重県志摩市と共催し、10月13日(日)、14日(月・祝)に『Japan Times Satoyama推進コンソーシアム実践者交流会2019』を開催します。

今回は2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」に焦点を当て、『SDGsを里山里海で考える』をテーマに、藻谷浩介氏の基調講演や、村上敬亮氏、津田祐樹氏がそれぞれモデレーターを務めるパネルディスカッション、また各地で地域全体の活性化に寄与する実践者の皆さんや高校生に里山里海の視点からその活動や成果を共有いただきます。

2013年に出版された『里山資本主義』著:藻谷浩介・NHK広島取材班(角川新書)。自然由来の資源に、地域で暮らす人々の手で新たに交換可能な価値を与え、安心で将来性のある地域社会を作るという新しい資本主義のあり方です。出版から6年、今では各地域の実践者の手により自然環境の中の様々な未活用資源が活かされ、雇用を生み、地域全体の活性化に繋がる事例が増えています。その成果を実践者同士で収集し、共有し、発信することで、その活動を持続可能で価値の高いものにするべく2017年には周防大島、2018年には神石高原町にてSatoyama実践者交流会を開催。本年は三重県志摩市で開催いたします。

【概要】
日 時: 10月13日(日)  13:30-18:00(予定)
10月14日(月・祝) 9:00-11:30(予定)
会 場: HOTEL&RESORTS ISE-SHIMA(三重県志摩市磯部町的矢字笠取939-6)
主 催: Japan Times Satoyama推進コンソーシアム、志摩市
協 力: 三重県
後 援: 総務省、農林水産省、環境省、全国知事会、全国市長会、全国町村会
※後援申請中: 経済産業省
申込み: https://satoyama-jissensha2019.peatix.com/
*宿泊、懇親会の申込みは別途必要です。以下をご参照ください

プログラム内容(予定)
<10月13日(日)1日目>
「Satoyama実践者交流会2019」及び「懇親会」
◾︎ 開会(13:30)
◾︎ 開会挨拶 末松弥奈子(当コンソーシアム代表/ジャパンタイムズ代表取締役会長)
◾︎ 開会挨拶 竹内千尋市長(志摩市長)
◾︎ パネルディスカッション(1)「里山里海×海洋保護」

モデレーター: 津田祐樹氏(株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング COO)
パネリスト : イヴォーン・ユー氏(SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ事務局、国連大学サステイナビリティ高等研究所 リサーチ・フェロー)
田中丈裕氏(NPO里海づくり研究会議 理事・事務局長)
新井圭織氏(海女/三重県漁村女性アドバイザー)
◾︎ 来賓挨拶
◾︎ パネルディスカッション(2)「里山里海×地産地消」
モデレーター: 村上敬亮氏(内閣府 地方創生推進事務局 審議官)
パネリスト : 樋口宏江氏(志摩観光ホテル 総料理長)
浜田吉司氏(株式会社マスヤグループ本社 代表取締役社長)
近藤百氏(愛農学園農業高等学校 教諭)
◾︎ 実践者の取組発表(三重県)
◾︎ 休憩
◾︎ 地元高校生による取組発表(三重県立水産高等学校)
◾︎ 高校生発表の講評および感想 竹内千尋市長(志摩市長)
◾︎ 基調講演「持続可能な未来を里山里海から」
藻谷浩介氏(当コンソーシアム アドバイザー/日本総合研究所 調査部主席研究員)
◾︎ Japan Timesフォトコンテストアワード2019受賞発表
◾︎ 閉会挨拶
◾︎ 閉会
◾︎ 懇親会(18:30~20:30)
*プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
*実践者交流会のお申し込みは下記URLから
https://satoyama-jissensha2019.peatix.com/