資料請求

教育の土台

理念

たくさんのいのちと生きていくこと、
つまり平和を体験的に学ぶために、
愛農高校では「神・人・土を愛する」
三愛精神を教育の基本に置いています。

聖書に基づく良⼼教育神を愛する

愛農⾼校は「⼼を尽くし、思いを尽くし、⼒を尽くしてあなたの神である主を愛しなさい」との聖書の精神に基づく良⼼教育を理念に置いて建学されました。

全寮制による仲間との⽣活⼈を愛する

全寮制・少⼈数制の教育で、全国から集まる⽣徒と教職員が⽣活しています。学校⽣活・寮⽣活を共にする中で⾃主⾃⽴を学び、互いを認め合い、尊重し合う⼈を育てる教育を⽬指しています。

持続可能な農業の実践⼟を愛する

⼟を愛し⽣命を愛する精神に⽴って有機農業を実践しています。
化学肥料や農薬を使⽤せず作物を育て、持続可能な農業を学びます。農場で⽣産された安全で安⼼な⾷べ物が⾷卓にのぼります。

三愛精神とは

三愛精神は19世紀にデンマークのグルンドヴィによって提言されました。グルンドヴィは当時敗戦で疲弊した母国デンマークを教育の力で復興させるために国民高等学校(フォルケフォイスコーレ)を創立した人物です。
日本ではその後内村鑑三を経て、北海道にある酪農学園大学、また愛農高校の姉妹校である基督教独立学園やキリスト教愛真高校にも大きな影響を与えています。

メッセージ

愛農⾼校 校⻑からのメッセージ

愛農⾼校は、キリスト教建学の精神に基づき、「神・⼈・⼟を愛する」という三愛精神を教育の基本においた⼩さな農業⾼校です。この三愛精神とは、聖書や礼拝の学びによる⼈格教育、全寮制による共同⽣活、そして有機農業を中⼼とした⼟作りを考える農業 教育に⼒を注ぐということです。

三愛精神は、⽣徒らに信仰を強要するものではもちろんありません。思想は⾃由であり、信仰も⾃由でなければなりません。ただ、礼拝などを通して本校が建てらた意味とその理由や私たちが⼤切にしている精神を知ってほしいと願っています。 ⽣徒たちは、⽇本全国各地や海外からも集まり、この丘の上で互いに協⼒し、共に学び、 友情と感謝の気持ちを育み卒業していきます。中学⽣のみなさん、そして保護者のみな さん、豊かな⾃然の中でのびのびと学ぶ本校の⽣徒たちと出会いに来てください。

愛農学園農業⾼等学校
校⻑ 直⽊葉造

建学の精神

神を忘れた良心は麻痺し、土を離れた生命は枯死する。

本校建学の根本精神は、神を愛し、隣人を愛し、
土を愛する人格形成である。

聖書の神の言葉に呼びかけられることによって
人間の良心は覚醒される。

神と良心との不断の対話(祈り)よってのみ、
人間は真人間となることができる。

「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい」との神の言葉を
一日一日の生活の中に実践することが人生究極の目的である。

農業は隣人の生命の糧を生産する職業である。

農業を具体的な隣人愛の実践であると確信し、
土を愛し誇りと喜びを持って農業に
従事するとともに農業者の英知と力を決集し、
農業者自らが主体となって、
明るい豊かな農家と農村を建設する愛農救国救人類運動に
生涯を献げる若き魂を育成することこそ、
本校建学の目的である。

校歌

未来のあしおと

作詞:佐藤 政武
作曲:荒 義剛
編曲:百々 格

見よ、世のはじめ光あり
光りは道と伴にあり
踏み行く未知の彼方にぞ
聴けよ、未来のあしおとを

注ぐ日射しも、降る雨も
大地に種を育みて
美しき花 甘き実も
取るに任せてあるものを

人の命に幸あれと
過ぎこし方も現し世も
限りなき世の末までも
無限の愛の手は招く

人みな人を愛すとき
世の悲しみも消え失せん
我が魂よ 心して
聴けよ 未来のあしおとを