施設紹介

愛農高校の施設紹介

愛農高校 新校舎の紹介

 

aino_p14

本館校舎は1964年に3階建ての校舎として竣工しました。そして2010年に、愛農関係者で話し合い、知恵を出し合って、2階建ての校舎として再生しました。三重県産のヒノキやスギをふんだんに使っていますので、からだに心地良いのが自慢です。また、暖房には太陽エネルギーを活用し、あたたかくて、とてもエコな校舎です。生徒や教職員が使っている机、イス、くつ箱は、学校演習林からみんなで運び出した間伐材で製作しました。とてもすてきな校舎です。

 


森館の紹介

 

aino_p11

三重県産のスギを使い、屋根を支える柱が天井にむかって広がっています。まるで森の中にいるようなデザインの森館です。のびやかに広がる大きな屋根につつまれた教室や図書館には、生徒たちが語り合ったり、のんびりしたり、くつろぐスペースがあちこちにあります。暖房はこちらも太陽エネルギーの活用です。2013年に竣工。

 

sisetu2

 

sisetu3

 

sisetu4

 

sisetu5

 

sisetu6

 

sisetu7

 

sisetu8

 

sisetu9