研究所について 農林業研究
聖書研究
スイス・北欧研究 社会研究 愛農高校 Englishenglish flag

あいのう研究所 AINO ACADEMY ---- 世界平和のために --


あいのう聖書研究会2019



あいのう研究所につい て小谷純一(1864-1920)

あ いのう研究所は小谷純一(1864-1920)に よって創められた「愛農」(公益法人全国愛農会、学校法人愛農学園農業高等学校および愛農聖書研究会)における、こ れまでの農業、教育、信仰、国際交流の実践を未来に向けて総合的にまた専門的に研究・調査し、その成果や活動を公表し、世界平和 に貢献することを目的としています。
本 研究所は様々な個人とグループによる様々な研究分野を総合する形をとり、平 和な世界に一歩でも近づけるため、「真理を探究し、真理に従って生きるための」実践的研究所を目指しています。

研究所長 挨拶

研究活動分野

1.    農林業研究

日本、アジア、世界の農業について研究調査し、これから の人類の農的営みに益することを目指します。

2.    教育研究   
愛農 学園農業校をはじめとするキリスト教理念に立った少人数全寮制高校の教育活動を中心に研究します。高校教育の日常の学び、共に働きに、さらに平和へのチャ レンジを追求します。

姉妹校である基督教独立学園高校、キリスト教愛真高校、韓国プルム農業技術 高等学校と共に催している教育研修会を将来、研究所の共同運営活動とすることを目指します。

3.   聖書研究    
  愛農における聖書の学び(朝 拝、夕会、授業、講演、日曜集会等)とその研究や発表の成果を公表します。
  聖書を学問的(歴史学的、社会 学的)に研究し、その成果を公表し、真理の解明に寄与します。
  聖書研究会の開催および定期刊 行物の発行を目指します。
  考古学、自然科学を含めた学際 的研究会の可能性も探ります。

4.   スイス・北欧研究
  信仰・教育・平和・農林漁業・自然環境保全に関し、スイ スと北欧から学びます。 
  愛農高校における以前の海外農家研修(スイス・ノル ウェー)の歴史を振り返り、本校の今後の歩みへの何らかの示唆を得たいと思います。
  信仰・教育・平和・農林漁業・自然環境保 全に関しスイス と北欧から情報を収集します。
  スイス・北欧諸国(ノルウェー・デンマーク・ フィンランド・スウェーデン)との関係を創り出し、交流を進めます。
  愛農高校在校生(専攻科生を含む)・卒業生と現地関係者 との関係を創り出し、交流を進めます。
  定期活動として 言語学習、歴史学習、宗教・文化・社会・政治・その他の学習会を催します。

5.    愛農史研究   
A.  マックス・ウェーバーと愛農会 (近藤二郎)
ウェーバーと小谷純一にキリスト教精神に基づく理想と情熱を持って使命に邁進する共通点を見出し、その 重みを語る。
B.  梁瀬義亮先生の体験
愛 農は梁 瀬義亮先生によって有機農業に転換しました。 その梁瀬先生の戦争や病気による九死に一生の体験がネットに乗りました。先生が九死に一生を得たことで愛農の有機農業があること思うのは、感慨深いものが あります。歴史には見えない営み上がり、その上に今があることを思います。ぜひ、一読をお勧めします。

問い合わせ

あ いのう研究所
518-0221 三重県伊賀市別府690 愛農学園農業高等学校事務局内

TEL0595-52-0327、 FAX:  0595-52-1428

         www.ainogakuen.ed.jp